松野莉奈さんの死因は致死性不整脈と判明!応急処置にはAEDが必須も、症状はいつ誰にでも現れる!?

私立恵比寿中学、通称エビ中の松野莉奈さんの突然死の原因は不明ということで毎日のようにニュースで見かけます。

出典元:日刊スポーツ

まだまだこれからといった彼女の死因については様々な憶測も上がっており、議論がなされていました。
しかし、本日その死因が正式に判明。

診断名は『致死性不整脈の疑い』

あまり聞くことのない名前ですが一体どんな、病気なのでしょうか?
今回はこの病気に関して年齢関係なしに現れるものなのか、誰にでも突然起こることはあるのか?

そのような点に注目して見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告

致死性不整脈とは?

18歳という若さで亡くなったエビ中の松野莉奈さんですが、死因は『致死性不整脈の疑い』と所属事務所から発表されました。

まずこの病名を見て全く聞いたことがない病気ですね。

私が彼女のニュースの一報を聞いたときは突然死ということで心臓発作か脳出血などが考えられるのかなと思っていましたが、初耳の病名。

というわけで致死性不整脈について調べてみると突然現れる症状だということがわかりました。

おすすめ記事:今年はインフルエンザに注意!予防方法とR-1ヨーグルトの効果をチェック!

危険性の高い不整脈

致死性不整脈とはその名に入っている通り、不整脈が関係します。

一般的に脈のリズムが不規則になることを不整脈と言いますが、ただの不整脈と診断される方は世の中にも結構いるかと思います。

しかし今回は危険度の度合いが全くもって違い、『①心室頻拍』『②心室細動』が現れるものだそうです。

ではこの二つの不整脈はどのようなものなのでしょうか?

2つの症状

まず①の『心室頻拍』に関してですが、これは脈のリズムがとても速くなる症状のこと。

つまり、彼女の年齢だと1分間に60〜110の脈拍数が正常値ですが、これをはるかに超えた200近くになるといったような症状のこと。

そして、脈拍が正常域を大きく脱すると全身に血液を送り出す役割を果たすポンプである心臓がその役割をすることができなくなり、体にとっては重大な状態に陥ってしまうんです。

そして②の『心室細動』はみなさんも聞いたことがあるのではないでしょうか?

ええ、あの有名なAED (自動体外式除細動器)で応急処置が可能な症状です。

心室細動は読んで字の名のごとく心臓が300回/分近く痙攣して小刻みに震える状態になること。
もちろん血液を送り出すことはできず、AEDで一刻も早く除細動を取り除くことができなければ意識不明の状態に陥ります。

つまりAEDが使えるということはまだ心臓が完全に止まっているわけではなく、小刻みに痙攣している状態なのでその点も覚えておくといいかもしれません。

オマケ(AEDは完全に心臓が停止していると作動しません。あくまで除細動を取り除くだけなので除細動がなければ心臓マッサージと人工呼吸で取り戻すしか方法はないですね)

今回彼女に現れたのは…

以上から見てみると今回彼女に現れた症状は致死性不整脈によって倍以上の脈拍数になり、心臓の機能が急激に低下したせいで意識不明になったものと思われます。

通常の家には普通AEDなどありませんから救急隊が来るときには完全に手遅れだったのかもしれません。

突然の出来事だったので家族の方もどうしていいのかわからなかったと思います。
本当に彼女のご冥福を心からお祈り申し上げます。

おすすめ記事:マグロの食べ過ぎに注意!妊婦さんは必見 赤ちゃんへの悪影響も!

どんな人でも現れる症状なの?

致死性不整脈はここまで見てきてかなり怖いものであることがわかりました。

ここで気になるのが普段何事もなく生活している人にも現れるものなのか?といったところですが…

結論から言うと、あり得るようです。

高齢者の突然死としてあげられることが多いですが、今回彼女に現れたように若い人でも普通に起こります。

そして症状が出るのが突然ですから、不整脈が現れてから心肺停止までは10分以内と言われていますから、自宅よりもAEDが設置されている学校や公共施設で倒れた時の方が生存率は上がるかもしれません。

そんなわけで不整脈が健康診断などで現れたら治療が必要なものなのかを判断してもらい、もし治療が必要な場合は受けるようにした方が良さそうですね。

原因は疲労やストレス、過労など現代日本人によく見られると言うか一般的なことなのでリフレッシュと無理をしないことをまず第一に考えることかと。

心室細動にも数十秒以内に収まる『トルサード・ド・ポアンツ』と言うものもあるようですが、彼女の場合には一時的なものでなく、完全に痙攣が継続してしまう状態が続いてしまったのだと思います。

もしそこにAEDがあれば…ということが悔やまれるところです…

致死性不整脈の恐ろしさ

  • 今回松野莉奈さんが突然死した原因は致死性不整脈と判明

  • 心室頻拍と心室細動が突然現れる不整脈は特に危険とされ、10分以内に意識不明の重体、心肺停止状態に陥ることが多い

  • 応急処置としては1秒も早くAEDを使い除細動を取り除くこと

  • 今回彼女は自宅で倒れたとのことで救急隊が到着するまでの間に心肺停止状態に陥ってしまい手の施しようがなかったか…

  • ネット上で噂されていた『インフルエンザ脳症』はただの憶測だった

今回は突然の死で当初死因もわからなかった彼女の病気についてしらべてみました。

2日前には家族と箱根旅行に行っている姿がSNSにあげられていたことから、突然の死に関して受け入れられない人も多いのも理解できます。

多くの芸能人も先日会った時はあんなに元気だったのになぜ!?と言う声とともに哀悼の意を示しています。

最後に、18歳というまだまだ未来がある松野莉奈さんの突然の死にお悔やみ申し上げるとともに、天国でゆっくり休んでください。

スポンサーリンク
広告