仮想通貨の稼ぎ方をわかりやすく説明!初心者の始め方と仕組みはこれで丸分かり!

2018年になって『仮想通貨』や『ビットコイン』というキーワードを耳にすることが多くなった気がしますが、皆さんはどうですか。

実は去年の年末からほとんどの仮想通貨の値段が一気に上昇し、新規参入者もかなり増えているんですね。なぜ増えているのか、その辺りも気になりませんか?

そこで今回は、これから仮想通貨投資を初めてみたいという方に向けて、仮想通貨とは一体何なのか?稼ぎ方や仕組みを中学生でもわかるくらい簡単に説明したいと思います。

21世紀最大の発明で、生きているうちでは最後のバブルがスタートする年と言われている2018年。仮想通貨投資デビューしてみると人生が変わるかもしれませんね!

スポンサーリンク

仮想通貨とは一体なに?わかりやすく説明!

まず最初に、今回の記事では『仮想通貨』や『ビットコイン』という言葉を聞いたことがあるけど、それが何なのかがよくわからないという、興味はあるけどいまいち仕組みがわからない初心者の方に向けて記事を書いていきます。

また、少し調べてみた方でも難しい言葉ばっかりでよくわからなかったという方は頭の整理のために読んでみるのもアリかもしれませんね。

それではまず仮想通貨というものについて説明していきますね。

仮想通貨はインターネット上に存在する

まず仮想通貨について説明していくときにポイントとなる点が、『仮想』という文字がつくように、目に見える実物のコインや紙幣は存在しないということなんですね。

じゃあどこにあるのかというと、インターネット回線上のデータとして存在するんです。

そして、仮想通貨に価値があると思っている人が集まって取引や送金手段として使うので価値が生まれているんですね。

言い換えるなら、仮想通貨を持っている人同士でその仮想通貨の価値を認め合っているということです。保有しているみんなが価値がないものと思った瞬間に価値はゼロとなり、まだ持っていない人でも欲しいと思うようになれば価格は上昇するということです。

これを私たちが身近に使っている『日本円/JPY』に変えてみてみると、例えば1万円札がなぜ1万円という価値があるものとして認められているのかというと、それは日本銀行で発行されており、それに関して法律でも、日本という国によってもその価値が保証されているからなんですね。

法定通貨の円、その中の1万円札はただの紙なのに1万円分の価値があるものとして認められている理由は国や中央銀行に対する信用のおかげなんです。

仮想通貨とビットコインは違うの?

ここが初心者の方がよく勘違いしているところなのですが、『仮想通貨=ビットコイン』のみではないというところですね。

仮想通貨の中の一つとしてビットコインというものがあるのであって、仮想通貨の中には他にもイーサリアムやリップルなどたくさんのコインが存在します。

ちなみに現在、仮想通貨は世界中で1000種類以上あると言われています。またこの数は現在爆発的に増加しており、2000種類に到達するのも時間の問題かと…

仮想通貨界の先駆けとしてビットコインが生まれたので『仮想通貨を買う=ビットコインを買う』という風に勘違いしている方も多いようですが、他にもたくさんのコインがあるということを知っておいてくださいね。

ビットコインは見えないけど本当に安全なの?

ここからは仮想通貨の中で最も知られているコイン、ビットコインを例に挙げて説明していきますね。

ここまでの内容を踏まえると、円やドルは国や中央銀行が管理していることで信用が生まれているということはわかりましたが、ビットコインは管理主体がないので安全なのかというところが気になりますよね。

これについてビットコインは、

  1. 発行枚数が決まっている
  2. 法定通貨のような管理・運営団体がない
  3. ブロックチェーンで取引内容が公開されている

という大きく分けて3点のポイントがあります。

もっと細かい視点もありますが今回はわかりやすく解説していくことをモットーにしているので大枠だけ捉えていきましょう。

1.発行枚数が決まっている

1の発行枚数が決まっているということがまず、円やドルなんかの法定通貨とは違うということがわかりますね。円やドルは国の政策によってお金の発行量を調節できるので、言い換えれば好きなだけ刷ることもできます。

これに対してビットコインは発行枚数の上限が2100万枚と決まっているのでこれ以上の枚数は発行されることはありません。

この視点から大事になってくるのは完全な需要と供給で値段が決定されるということです。

上限枚数が決まっているのでビットコインが欲しい人が増えれば稀少性が出て値段は上がりますね。

2.管理・運営団体がない

2の管理運営団体がないということは、日本で言えば日本銀行券を発券している日銀やそれをサポートする国の存在がないということと同じになりますね。

それすなわち、政府の政策(金融緩和・金融引き締め)に振り回されることがないということになります。

また、ドルや円などの法定通貨と言われるものはそれを発行している国や政府に対する信用があるからこそ価値が認められていますが、この国や政府の信用がなくなったらどうなるでしょうか?

実際に、ジンバブエという国が不安定な政権運営をした結果、大きく信用を落とし、自国通貨のジンバブエ・ドルの価値が大暴落して現在はほぼ、価値がないものになっていますよね。

出典元:PIXTA

ちなみにその時の価値は約300兆ジンバブエ・ドル=1円程度であったと言われています。100円のパンを買うにキャリーケース何個にも札束を入れて運ばないといけないイメージですね。

これに対しビットコインは、修正やアップデートを行うコミュニティ(権限はない)しか持たないビットコインは世界中の保有者によって価値を認め合うことで公権力に左右されないというメリットを持っているんですね。

先ほどのジンバブエの例を出すと、この国ではビットコインを決済手段として使うことができれば世界中の保有者によって価値が認められているビットコインで支払いができるので国の政情に左右されることはなくなりますね。

3.ブロックチェーン

3のブロックチェーンという言葉についてはビットコインなどの仮想通貨について少し調べてみた方は聞いたことがあるのではないでしょうか?

これは言葉通りに『ブロック』で『チェーン』を作っていくということです。簡単にいうなら取引の内容をブロックという枠内に記載して、いくつもの取引のデータが入ったブロックを繋いでチェーンにするということですね。

ブロックチェーンは通貨の帳簿情報を世界中のコンピューターで分散してそのチェーンを共有することにより、データの破損が発生しても他のコンピューターがそれを補完出来る仕組みになっているのです。

ブロックチェーン上の帳簿データを消したり改ざんするのは、企業や国家でしても不可能で、世界中のコンビューターが全て一斉に故障しない限り、ブロックチェーンを内で悪さをすることはできないと言われています。

大事なのは目に見えない通貨だからこそ、価値を守り、安全に通貨の移動を記録できるシステムが構築されているということです。

仮想通貨でどうやって稼ぐの?

仮想通貨は色々なプロジェクトの中のコインとしてあるものが多いですが、現在は投資(投機)目的で保有している人が多いかと思います。

単純に安いところで買って高くなったら売るというのが鉄板ですね。

ちなみに、レバレッジをかけて仮想通貨取引をできるようなサービスも会社によってはありますがこれは超ハイリスク超ハイリターンなので絶対にオススメしません。

ちなみに、2017年が仮想通貨元年と言われ、2018年は仮想通貨投資に乗り出す新規ユーザーが日本だけでなく世界中で爆発的に伸びると予想されています。予想というか、これは確実なことです。

新規ユーザーが増えるということは新たな資金で仮想通貨が買われ、市場が拡大しするということで必然的に価格は上がってきますよね。

はっきり言って2017年の仮想通貨元年は11月〜12月の影響が大きいので、まだ仮想通貨ブームは始まったばかりです。

実際仮想通貨に投資をしている人は日本でもまだ1%ほどと言われています。

最近はニュースなどで仮想通貨やビットコインが取り上げられることが多くなってきましたが、『よくわからないからいいや』『口座開設とかめんどくさいわぁ』という一言でやらない人が多いのが現状です。

もちろんやるやらないは個人の自由なので構いませんが、みて欲しいのはその期間にやっていたら、やっていればの『タラレバです』

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

全てが上がる仮想通貨バブル

まず見ていただきたいのが、2017年の1月1日に仮想通貨を買っていたら、一年間でこれだけ増えたという一覧表です。

  • ビットコイン:14倍
  • リップル:273倍
  • ネム:240倍
  • リスク:129倍
  • イーサリアム:86倍
  • ダッシュ:84倍
  • ライトコイン:49倍
  • モネロ:23倍
  • イーサリアムクラシック:18倍
  • オーガ:16倍
  • ファクトム:14倍
  • バージ:9815倍(番外編)

最後のバージは海外の取引所でしか購入はできませんが、もし一万円分宝くじを買ったつもりで買っておけば、9815万円になりましたね(笑)

一番有名なビットコインを買っておいても14倍ですからこの伸び率が凄いことはわかるかと思います。

ちなみに上記の表ではバージ以外はコインチェックという日本最大級の取引所・販売所で買えます(^_^)

仮想通貨投資を始めたいけどどうすればいい?

さぁここまできて仮想通貨について少しでもいいのでわかっていただけましたでしょうか?

宝くじを買う気分で1万円だけ仮想通貨を買って見たいって思った方もいるかと思います。でもどこで買ったらいいかよくわからないかと思います。

そこで私がお勧めするのは日本最大手のビットコイン取引所『コインチェック』

コインチェックの公式ホームページを見てみる

出川さんをCMに起用しているので見たことがある人もいるのではないでしょうか?
下記に公式CMがありますので気になる方はどうぞ。

コインチェックをオススメする理由とは?

まずコインチェックは日本で1位の取引高を誇り、コインチェックが提供するアプリが見やすくとっても使いやすいんですね。

また、ビットコインだけでなく、イーサリアムやリップル、ネムなど様々な仮想通貨が買えることが最大のメリットとなっています。

現在新規ユーザーが爆発的に増加しており、口座開設に伴う本人確認作業に時間がかかっているため、とりあえずコインチェックの口座だけ作っておくことをオススメします。

口座さえ作っておいて本人確認が終わっていれば買いたいタイミングでビットコインやその他コインを買えますからね(^_^)

もちろん、コインチェックで口座開設するのは無料ですし、口座維持費などもかかりません。ちなみに口座開設と本人確認書類の提出は5〜10分ほどで全て終わります。

とりあえず口座開設・本人確認書類の提出を済ませて、いつでも買える状態にしておきたいって方はコインチェックがオススメです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

銀行利子が0.02%の時代。銀行にお金を預けるのではなく、1万円でも仮想通貨に投資してみてはいかがですか?

仮想通貨バブルに乗るかはあなた次第!?

ここまで仮想通貨について説明してきましたが大枠でどんなものなのか理解できましたでしょうか?

仮想通貨はおそらく2020東京オリンピックの年までは右肩上がりで成長していくと思っています。もちろん1000以上ある仮想通貨の中で生き残るのは半分以下となるでしょうが有望なコインはおそらく右肩上がりを続けるでしょう。

その中でも2018年はキーポイントとなる年だと私自身考えています。

※ブログ記事に関してはあくまで当方の予想であって投資に絶対はありえません。投資は全てにおいて自己責任ですので全財産を注ぎ込むということはやめましょう。あくまで、無くなっても生活には困らない資金でやることをオススメします。

しかし、仮想通貨市場は2018年、新規参入者がもっと増えてくることは間違いありません。ですが一方で、めんどくさいという理由のみで敬遠する方も多いのが現状です。

ここで一歩踏み出して宝くじ気分で少額でもいいから投資をしてみるか、今まで通り銀行で利子のつかない保管をするのかはあなたが決めてみてくださいね(^_^)

スポンサーリンク