ns1カスタム日記 CBR仕様その2 ついにns1をゲットしたが・・・

 その1を見ていただいた方はわかるかと思いますが、ついにns1をゲットしました!見ていない方は是非読んでいただいてからその2へどうぞ!

スポンサーリンク
広告

なかなかの問題児・・・

やっとの事で落札にに成功したns1をデポまで取りに行きました。

一番近かったデポが高崎のデポだったので父親に運転してもらい高速で高崎まで向かいました。

2りん館というところがデポになっていてそこに到着しているとのことで受付を済ませ初対面。

まず第一印象・・・

カラーリングが写真よりパープルがかってる!そしてカウルのキズが多いっ!

まぁ安く買えたのでその辺はしょうがないですね(笑) サイズ感も大きくてカッコよかったです!

無事家まで戻りエンジンをかけてみます

が・・・

全くもってかかりません。かなりかぶっているような感じだったのでプラグを外してみると真っ黒xびしゃびしゃ。

これではかかるわけもありませんね。

なので新品プラグを入れ、キャブレターも取り外し掃除します。

ですが・・・ここでも驚きの事実が判明します、なんとメインジェットが135というとんでもなく大きいサイズが入っていました。

純正サイズがns1前期型で95なので大きすぎますね。

これがエンジンのかかりの悪いかぶりの原因でした。

ここでパーツを取り寄せメインジェットを105にセッティングしました。95にセッティングしなかったのはキャブレターがケイヒンの24パイ、いわゆるビックキャブが付いていたのに加え、社外のボアアップ対応チャンバーが付いていたからです。

dsc_0013

エンジン始動&初運転

一通り整備も終わったのでエンジンを始動します!

ブォオオオンボッボッボッボッボ・・・・・

ハイきました!!!

一発始動で吹け上がりも抜群です!

キャブのアイドリングと細かい調整をして少し裏を走ってみました。

低速はまだセッティングやスプロケのセッティングが煮詰まっていなかったのでイマイチでしたが高回転の加速力はとんでもなかったです!(^ ^)

さすが高回転向きのレーシングチャンバーですね。2ストのドッカン加速はもうやみつきになりました。

スプロケットの確認をしてみたらフロントが16のリアが38だったのでかなりの高速寄りですね。このセッティングなのでどうりで低速が出ないわけです(笑)

ちなみにスプロケットはフロント側は丁数を大きくすると最高速寄り、リアはその逆で丁数を減らすと高速寄りになります。

さぁここで無事にエンジンがかかり「一応」乗れるようにはなったのでこれからカスタムを進めていきます。

まずはカウルの全塗装から入りますがそのお話はその3でしたいと思います!

では本日はこの辺で!

スポンサーリンク
広告