初めての中型バイクは大迫力のアメリカンでどう!?オススメ人気車種のランキングと購入ポイントを把握しよう!

バイク初心者の方などは特に「中型バイクに乗りたいけど、最初にどんなのに乗った方がいいのかわからない・・・」といった方も多いかと思います。ひとえに中型バイクと言っても色々な形があってどれがいいのかわからない・・・

そこでオススメの中型バイクについて完全なる私感ですが選んでみました!
ランキングや人気の車種、そしてアメリカンでは250ccではなく、400がオススメという理由についても上げていきます。

そして今回のバイクのタイプは国産アメリカンに絞ってみました。そちらの方をお考えの方はぜひ参考にしていただければと思います!
アメリカンというとハーレーが思い浮かびますが、ホンダやヤマハにカワサキといった日本が誇るバイクメーカーもしっかり出していますよ(^_^)

最後にはアメリカンタイプの購入ポイントもありますので参考にしていただければと。バイクに乗りたけどメカのことはよくわからないってゆう女性の方にも役立つこと間違いなし!

スポーツレプリカ編とネイキッド編もありますので合わせてぜひご覧ください!

スポンサーリンク
広告

第3位 ホンダ スティード400

第3位は・・・

ホンダ スティード400
s

出典元:http://www.bikebros.co.jp

第3位はこのバイクにしました。

スティード400は1988年から製造されたアメリカンタイプのバイクになります。
発売当初は実はあまり人気がなかったんですが、1993年のアメリカンブームの時には、ハーレーを模したこのデザインとエンジンの振動が大人気になったんです。

ホンダのアメリカンバイクの先駆けとなったバイクで、なおかつアメリカンということもありカスタムパーツも豊富のようです。

発売当時には年間販売台数が1位にもなったこともあるんです!!

注意点としては2001年に最終のモデルチェンジを行っているため中古車での購入になります。

値段の方は中古車なので相場は年式が古いほど安く平均しても20万〜30万といったところでしょうか。 

加えて購入判断のポイントとなるのがカスタムが多様に施されている車両なんです!

これは是非カスタム車両を購入してくださいと言いたいのではなく適度なカスタム、あるいはノーマル車両のが好ましいということです!

このバイクは400ccのバイクになるため2年に一回の車検がありますよね。

この際合法なカスタムならいいのですが車検に通らない(違法な)カスタムをしていると自分でノーマルに戻さなければならずお金も時間もかかってしまいます。

このことはスティードのみならず、すべてのバイクに当てはまることなので頭に置いておいてくださいね! 

第2位 カワサキ バルカン400-Ⅱ

第2位は・・・

カワサキ バルカン400-Ⅱ
 
20l

出典元:http://www.bikebros.co.jp

 
第2位はこちらになります!
バルカン2は400ccアメリカンの中では一回り大きい感じです! 
バイクを大きく見せたい!と思う方にはオススメかもしれません。
 
そしてこのバイク1番のポイントはカスタムすると国産には見えない位美しいフレームバランスです。本気でカスタムした方はハーレーと見間違うほど似せていたり、なんとハーレーのタンクを移植している方もいました。
「バルカン2 カスタム」とでも調べてもらえるとたくさん出てきますよ!
 
加えてエンジンサウンドが特徴的ドドドッ、ドドドッといったサウンドにも魅了されてしまいます!
 
このバイクは玉数が比較的少ないので程度の良い車両を見つけられれば当たりです!
価格は40万円弱で比較的程度の良いものが買えるかと思います。
 
よってこのバイクは カスタムするとめちゃくちゃかっこよくなるバイク』です。

第1位 ヤマハ ドラッグスター

さぁ第1位は・・・
ヤマハ ドラッグスター400
main_001

出典元:http://www.yamaha-motor.co.jp

第1位は ドラッグスタ−400!
 
前述の2台のバイクは中古でしか販売していませんが、こちらのバイクは今も新車購入できるバイクです(^^)
『クローズ』などの人気漫画で主要人物が乗っていることも人気の要因となっています。

ドラッグスターは名称を略してDS400の呼称もあります。ライバルメーカーからも以前はラインナップが揃っていた中型免許で乗れるアメリカンですが、ドラッグスターはその中でも一番人気を誇っていた車種です。

400ccの中でも、一番迫力が高くまるで大型バイクに見えるようなスタイリングが人気の理由です。そのためこのバイクに乗った後に大型バイクの免許を取り、いざハーレーにといった方も多いようです!

初めてだからこそ、このバイクで安心して乗って、二輪の楽しさを味わって欲しいと思うバイクです。

先ほども言いましたが、ここからステップアップして、大型の取得からモアパワーを求める人は、
スポーツバイク(ニンジャ、CBR、R1等)へ、もしくはそのまま同じコンセプトでハーレーなどへといった事を選択するのに非常に有効な手段ということにもなりえるバイクです。

まったりゆったりと走って、その性能を誰もが引き出せ、 なおかつアメリカンバイクってこういうものなのかぁ!と学ぶこともできるよく出来た乗り物とも大げさではありますが言えますね。

完成されたカスタムバイクのような外観も素敵。販売当時から大きなフルモデルチェンジもなく販売されているバイクです。

カラーリング、カスタム具合など様々な車両が多く市場にありますので納得いくかっこいいバイクを探すのも楽しくなりますね!

ポイントは『新車購入できるアメリカンではこれしかない!』です。 

中古アメリカン購入時の注意点

アメリカンバイクの中古車購入の際に注意していただきたいのがカスタムしすぎた車両には注意ということです。
確かにカスタムしてある車両はかっこいい場合が多いですが今回紹介した車種は400ccです。
すなわち2年に一回の車検があるんですね!
 
せっかくかっこいいバイクを買ったのに車検に通らなければ元も子もないですよね。車検に通るようにまたノーマル戻しをするというのは時間もお金もかかりますから中古でカスタムバイクを購入予定の際はそのことを覚えておいてくださいね!(特にオークション等)
 
また、できれば購入前にバイクにまたがってできることなら試乗してみまししょう!
ハンドルの形やシートの感じなど個性がかなり出るのがアメリカンなのでまずはその感じを確かめてみるといいかもしれませんね(^^)

まとめ

今回はアメリカン特集でした!
3台だけのおすすめ紹介でしたが他にもアメリカンタイプの中型バイクは山ほどあります!
これを機に色々と探してみてくれたら嬉しいです。
 
最後に一番重要なことは自分が乗りたいと思ったかっこいいバイクに乗る』ということです!
 
ここまで読んでいただきありがとうございます。
では次回はネイキッド編です。
お楽しみに(^^)
 
こちらも合わせてどうぞ
スポンサーリンク
広告