スズキ新型GSX-R1000を発表!気になる豪華装備スペックと販売時期はいつ?

1004_01

出典元:http://www.suzuki.co.jp

スズキのスポーツバイクといえば昔からGSX-Rのモデルが有名ですよね!

ちなみに私の実家にもGSX-R1100の初期油冷モデルが倉庫に眠っていまして、それを何十年ぶりに引っ張り出して親父と数年前にレストアしました。

何十年も眠っていましたが、エンジン始動できた時は本当にびっくりしましたね。

レスポンスが半端なくて有り余る馬力で走ってくれました(笑)

まさにあの頃のジスペケはじゃじゃ馬という言葉がピッタシ当てはまるバイクです(^^)

前置きはこのくらいにしておいて・・・

今回そのGSX-Rシリーズから8年ぶりにフルモデルチェンジを経て

新型「GSX-R1000」「GSX-R1000R」の2台が2017年に発売されることが発表されました。(海外向け)

今回は前者のGSX-R1000の方にスポットを当てて簡単にまとめて見たいと思います。

スポンサーリンク
広告

フルモデルチェンジと豪華装備

このバイクの到達点としては

エンジンと車体が調和した「走る・曲がる・止まる」の基本設計を徹底的に見直し、高次元でバランスさせたGSX-R

となっております。

心臓部のエンジンは新開発999.8㎤直列4気筒エンジンを搭載し、MotoGPで開発された技術を取り入れた新機構「ブロードパワーシステム」を採用しています。もちろん、新排ガス規制「ユーロ4」にも対応しています。

このブロードパワーシステムというのは高回転ではさらなるパワーを出せるように出力向上し、低中速域での出力の両立も可能とした下から上までストレスない走りを可能にしたバイクに仕上がりました。

よくスポーツバイクで言われている上はすごいけど下がスカスカで一般公道では疲れてしまうといったことが解消されているのかもしれません!

161007_39-680x454

出典元:https://news.webike.net

 
今回採用されたフレームは全幅を抑えることで空力性能を高め、メインフレーム部分で約10%の軽量化を実現しながら強度の最適化を図った。
エンジンの搭載角度を変更し、前輪の中心からスイングアームの前軸までの距離を短縮することでコーナリング性能と操縦性を高めた。
 
前面の表面積を縮小したカウリングを完全新設計し、空気抵抗を大幅に低減した。
 
このように今回の改良では空気抵抗を大きく減らすことに成功し、コーナリングのしやすさや操縦性の向上につながっていると思われます。
 
確かにカウルを見てみるとアッパー部分はかなり幅が小さく、空気抵抗を意識した作りになっているのかなぁと思います。
161007_36-680x454

出典元:https://news.webike.net

 
フロントブレーキにはブレンボのラジアルマウントブレーキキャリパーを搭載し、足回りの強化にも力を入れていますね!(ABS仕様車にはフルブレーキ時に後輪が浮かないようにするシステムも搭載されているようです)
 
これで前述の「走る・曲がる・止まる」は具現化できていますね!
 
他にもエンジン回転数をわずかに上げ、発進時や低回転走行時のアシストを行う「ローRPMアシスト」や、ワンプッシュでのエンジン始動を可能にした「スズキイージースタートシステム」なども搭載しています
 
いやぁ、なんて高装備なんでしょう。ワンプッシュでスタートなんてまるで高級外車みたいですね!
 
デジタルメーターもカッコよすぎます(^^)
161007_43-680x454

出典元:https://news.webike.net

 

主要諸元(欧州仕様車)

最高出力:202ps/13,200rpm

最大トルク:117.6N・m(12.0kgf・m)/10,800rpm

車両重量:200kg/202kg(ABS仕様車)

主要諸元はメーカーホームページによるとこのようになっております。

まとめ

今回のGSX-R1000の登場もそうですが、2017年はホンダ、カワサキ、ヤマハ、そしてスズキと日本いや世界のモータースポーツ界を牽引するメーカーの争いは激化しそうです。

スーパースポーツバイクの新型を2017年各社投入することが発表され、これからの各社のバトルはより一層激しくなりそうです。

そして今後日本でも販売されるのかが期待されますね。

スポンサーリンク
広告